主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

インフルエンザワクチン2015年は価格値上がり!私は受けない!と言う人が続出!?

インフルエンザワクチン予防接種の時期がそろそろです。

一般的には11月下旬から12月上旬が推奨される時期ですね。

今年2015年は価格が値上がりしたという噂を聞きますが本当でしょうか?

よくよく調べると、これらのことを分かった上で受ける機関を決めたりした方がいいな、と思いました。

スポンサーリンク.

インフルエンザワクチン2015の値上がりについて

今年インフルエンザワクチンが値上がりしたという噂についてですが、

確かに、いつも同じ所で予防接種を受けている方は

その機関が「値上がりした」という話が多いです。

 

これは今年からインフルエンザワクチン自体が3価から4価に

言うなればバージョンアップしたことがきっかけで

値上がりしているようです。

 

ただし、予防接種は自由診療ですので

医療機関によって全然違う金額設定でくるものです。

その代わり、元のワクチンは同じメーカーであるはずですので

高い安いで中身や効果が違うわけではありません。

 

安いのところで探すなら地元の行ける範囲の医療機関を

検索または電話して価格比較するのが1番良いことになります。

4000円前後が相場ですが

ツイッターではこのようなつぶやきが見られます。

スポンサーリンク.

こう見ると価格は安くて3,000円高くて5,000円台というところでしょうか。

家族多い方は、成分同じなら安い方で受けたいですよね。

最近ではインフルエンザワクチン受けないと決めている人も

インフルエンザワクチンの予防接種は、受ければ必ず

インフルエンザにかからないというものではありません。

 

かからない確率が70%くらいと言われていて

新型インフルエンザが発生したら意味がないのです。

ですので、「微妙な保険」というところではないでしょうか。

 

人によっては「毎年ワクチン接種しているのにかかる」という人もいるくらいです。

*もちろんあくまで個人の意見ですのでご了承を。

スポンサーリンク.

13歳未満は2回

6ヶ月から13歳未満は2回受ける必要があることは有名ですよね。

13歳未満の子供は抗体の上昇をより確実とするために2回接種らしいですね。

そうすると料金もほとんどのところで2倍になるそうです。

 

このへんの価格も自由診療ですので、医療機関でここは値下げしているところもあるようです。

また65歳以上の方は健康保険の補助で1500円で受けれるようです。

このへんも地域差があるかもしれませんので一応ご自身の地域で確認してください。

 

 

最後にワクチンが必要ないという声もあり、本当のところはどうなのか?

という疑問の答は以下の音声にあるかと思います。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new