主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ほうじ茶と緑茶の効能の違いを知って飲み分けよう!

我が家では食後に緑茶を出す習慣がありますが、赤ちゃんが産まれた時に、「赤ちゃんにはほうじ茶の方が良い」と聞いたからです。

それからは子供にはほうじ茶を飲ませていたのですが、ふと疑問に思いました。

緑茶もほうじ茶も同じ茶葉を使っているのに何故赤ちゃんにはほうじ茶の方がいいのでしょうか。

効能にそんなに違いがあるのでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

ほうじ茶と緑茶の効能の違い

ほうじ茶が赤ちゃんに良いと言われているのは、ほうじ茶は緑茶よりも強火で深く焙煎しているために熱などでカフェインが減少しているからです。

child-228439_640
出典:https://pixabay.com

カフェインには覚醒作用があり不眠になったり興奮状態になってしまいます。

また、茶葉に含まれるテアニンという物質がリラックス作用を促してくれます。

その他にも、ほうじ茶の効能としては消臭効果も期待できます。

これはほうじ茶に含まれるクロロフィルという成分によるものです。

掃除のときに水拭きの代わりにほうじ茶を使用すれば嫌な臭いの対策となります。

 

また、ほうじ茶に含まれるビタミンC、ビタミンEには、美肌効果やガン、老化の予防の効果があります。

カテキンには殺菌作用があり、虫歯予防や風邪予防にも期待できます。

ほうじ茶のメリットをまとめます。

・緑茶よりカフェインが少な目*抽出時間にもよります。成分が書いてある場合が多いので確認しましょう。
・テアニンがリラックス作用
・クロロフィルによる消臭効果あり
・ビタミンCとEによる美肌・ガンや老化予防の効果
・緑茶にもほうじ茶にもあるカテキンの殺菌作用による虫歯予防・風邪予防効果

 

副作用は?

ただ、ほうじ茶は体に良い飲み物といえますが、飲み過ぎは良くありません。
少ないとはいえカフェインが含まれているので、飲み過ぎると不眠などの症状の恐れがあります。

ほうじ茶は150g内に30mgが一般的と言われます。0.02%となります。一般的には250mg以上のカフェインは良くないとされていますので1250mlも飲むとカフェイン過剰となります。好きな人は1日かけたらこれくらい飲むかもしれませんね。

スポンサードリンク

緑茶の効能 ほうじ茶との違い

緑茶の効能

一方の緑茶は、ほうじ茶と比べるとより風味・香りを残すように浅く煎じているため、カフェイン、カテキン、タンニンが豊富に含まれています。(*抽出時間によります。今回は3分以上の抽出しているものを対象にしています。)

tee-1887042_640
出典:https://pixabay.com

緑茶に多く含まれるカテキンは強い殺菌作用があります。静岡県では、緑茶でうがいするという話しは有名ですが、お茶の殺菌作用を上手く取り入れたものです。

茶葉を練り込んだ石鹸やウエットティッシュなどもお茶の殺菌効果を利用した商品も最近よく見かけますよね。

 

また、お茶に含まれるカテキンには中性脂肪を減少させる効能があるのでダイエットに効果を発揮します。

中性脂肪を減らすことは様々な病気のリスクの減少につながります。

緑茶の効能としては他にも、がん予防や美容効果、虫歯や口臭予防と様々な効能が期待できます。

・カテキンによる比較的強い殺菌作用
・カテキンによる中性脂肪を減少
・ガン予防・美容効果・虫歯口臭予防の効能

緑茶のデメリット

様々な効能を発揮する緑茶ですがデメリットもあります。

緑茶に含まれるカフェインには中毒性があり不眠やイライラや不眠を引き起こす危険があります。

飲み過ぎると利尿効果によって脱水症状を起こす場合もあります。

 

このように、ほうじ茶にも緑茶にもそれぞれに素晴らしい効能があります。

ほうじ茶は深く焙煎されているために口当たりもマイルドで優しく、タンニンやカテキン、カフェイン含有量も少ないので子供やお年寄りには適した飲み物です。*ものによってはほうじ茶と緑茶のカフェイン含有量は同じ、というデータのものあります。

緑茶は、タンニン、カテキン、カフェインが多く含まれているためにその成分が様々な優れた効果を発揮します。

つまり、ほうじ茶と比べて「カフェイン・カテキン・タンニン」が強いため、それをメリットととらえるか、デメリットととらえるかなのですね。

green-tea-plantation-497792_640

ほうじ茶、緑茶、どちらを選ぶかは、その人の体調や状態に合わせて決める必要があります。

上記のことは一般的なものであり、細かく言うと、その抽出時間などにより、実はほうじ茶の方がカフェインやカテキンが含まれる場合はあります。

最近では成分表が商品についていることが多いのでそちらを確認した方がよいでしょう。

やはりあくまでポイントは「カフェイン」の多い少ないでしょう。

タンニンはとりすぎが悪いという話は今のところありません。

カフェインの表記を確認してどちらか好きな方を飲むのが良いでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA