主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

べっぴんさんのモデル企業であるファミリアとは?女性がある時期馴染みになる会社

今秋スタートのNHK朝ドラ『べっぴんさん』主人公のモデル・坂野惇子さんが創業した「ファミリア」についてまとめました。

べっぴんさんは、キャストが発表され話題となっていますね。最近朝ドラは面白いのが続いているのでこれも楽しみです。

それでは早速子ども用品メーカー「ファミリア」についてみてみましょう。

スポンサードリンク

『べっぴんさん』主人公のモデル・坂野惇子さんが創業した「ファミリア」とは?

「ファミリア」と言えば、日本を代表する子供用品メーカーです。

くまのファミちゃんは見たことのある方も多いのではないでしょうか?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
出典:rakuten

こんな風に出産祝いで頂いた、という方が多いと思います。

出産・育児をきっかけにこの企業をしる人が多く、最近ではスヌーピー柄もよく取り入れています。

ファミリアはベビー服や子供服をはじめ、出産・育児に関する商品がなんでも揃います。

品質が良く、皇室御用達のメーカーとしても有名です。

「ファミリア」創業までの軌跡と創業者達の精神

『べっぴんさん』の主人公・坂東すみれのモデルとなった坂野惇子さんは、裕福な家庭に生まれ何不自由することなく育ちますが、戦争で生活が一変してしまいます。

夫は戦地に行ったまま消息不明、家は空襲で全焼、預金封鎖で財産を没収されるという絶望的な状況に。

これまでの甘えを捨てて、自分の手で働き生きていこうと決心した惇子さんは、女学校時代の友人やその義姉らに声をかけ、女性4人で「ベビーショップ・モトヤ」をスタートします。

「お母さんの気持ちになって、ものづくりをしましょう」という精神のもと、良質なものづくりに励みます。

無事に戦地から戻った夫も惇子さん達の熱意を理解してサポートしてくれるようになり、1950年に株式会社化。
現在の「ファミリア」の名で創立されました。

その後も「ファミリア」は成長を続け、日本初の子供用品だけを扱ったデパートを銀座にオープンするまでに。

日本の子供服業界、しいては出産・育児用品業界の代表的企業となりました。

坂野惇子さんは2005年に亡くなられましたが、現在はお孫さんが社長となり、創業者達の精神を引き継いで、お母さんや子供達に寄り添った商品を作り続けています。

出典:http://www.familiar.co.jp/

 

筆者は出産祝いでいただいたのがきっかけで『ファミリア』を知りましたが、本当に品質、デザイン共にいいので人気ですよね。

創業の裏にこんなストーリーがあったとは驚きました。

自分の馴染みの商品の企業がどのように出来ていったのかそのストーリーを知りたいと思うのは筆者だけではないでしょう。

坂野惇子さんの生涯を元に描かれたドラマ『べっぴんさん』は2016年10月3日から放送スタートです!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA