主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ふくろ祭りのお神輿は圧巻!池袋であることを忘れさせる一度はみたい都会の催し

今年もお神輿で有名な「ふくろ祭り」がやってきます。2015年の開催日は

9月26日(土)が前夜祭で、27日(日)はお神輿が登場します。また、

10月10日(土)に踊りの祭典、10月11日(日)に東京よさこいがあります。

開催日が迫っているので、準備がまだの方は急ぎましょう。ふくろ祭りですが、

東京の「池袋」から一文字とってふくろ祭りなのです。尚、お神輿は雨天決行です。

スポンサーリンク

お神輿同士がぶつかり合う!ふくろ祭り

よく新宿、渋谷、銀座、池袋を四代繁華街と呼びます。今回は、このうちの一つ

池袋のお祭りの話題です。毎年、9月と10月の2回に分けて、池袋で開催されるのが

ふくろ祭りです。ふくろ祭りの魅力は、何といってもお神輿同士がぶつかり合う

喧嘩神輿です。地元商店会所有のお神輿や、近隣のお神輿が約20基集結します。

 

お神輿は1基あたり0.5トン以上の重量があり、大勢でないととても担げません。

そんな重量のお神輿同士がぶつかり合うのですから、迫力は最高です。

毎年、いろいろな人がお神輿を担いでいます。

 

この祭りの特徴として外国人参加者が多いという点があります。去年は大勢の

外国人が担ぐお神輿が登場しました。

このお祭りは、戦時中の昭和43年に始まり、今回で48回となります。踊りのよさこいは

今回で16回となります。当初は地元の商店会4団体が結束し、地域の発展に貢献する祭りを

ということで始めたのです。その後、ふくろ祭りは都内でも人々があつまる

最大規模の人気のお祭りとなり、その想いは現実のものとなりました。

 

このお祭りに寺社は関係していません。ちょっと気になるのですが、そうすると

お神輿の中には何が祀られているのでしょうかね。お神輿がぶつかるので、

シートベルト着用サインが点ったままで、エアバックがない神輿内部で神様は

何を考えているのでしょう。というような、細かいことは考えないことにして、

ふくろ祭りを精一杯楽しむことにします。

スポンサーリンク

ふくろ祭りへのアクセスですが、JR、東京メトロ、東武、西武が乗り入れる池袋駅です。

お神輿は池袋駅の西口から出発します。

きっとよいストレス発散になるかと思います。

週末のお出かけにいかがでしょうか。

 

各種イベントも併せて開催

お祭り開催日には特設会場で、イベントが行われます。

詳しい情報は、『池袋「ふくろ祭り」「東京よさこい」公式ページ』を御覧ください。

http://www.yosakoitokyo.gr.jp/

 

以下の動画がふくろ祭りをよく映していました。

筆者も池袋にはよく行きますが

最近まで全くこのような祭りが行われていることは知りませんでした。

ふくろ祭りを見ることで、買い物の便利な街としてしか見ていなかった池袋も

古くからの伝統があって成り立っている街なんだな、としみじみ思ったものです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA