主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

だるい…それクーラー病かも?治し方や予防の仕方について

猛暑・熱中症、それを避けるために逃げ込むクーラーの部屋。

最近の夏は暑さだけが悩みではありません。人によるとも思いますが、クーラーによってだるくなり、気持ち悪くなる人もいるのではないでしょうか?

まさに筆者はそれで、「クーラーつけたい!でも…」と葛藤することが多いです(苦笑

だるいクーラー病の治し方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

だるいクーラー病の治し方についてまとめてみた

まずクーラー病の原因ですが夏の暑い時期の室内と外の温度差が5℃以上ある場所を

行き来する事で自律神経が乱れてしまうのがクーラー病の原因とされています。

自律神経が乱れる事で様々な体の不調が表れます。

症状としては

「手足の冷え」「体のだるさ」「食欲不振」「下痢」「イライラ」「肩こり」「腰痛」「肌荒れ」

などです。

酷い場合は吐き気や発熱も起こると言いますが、筆者の場合はだるさに加え、なんというか変な吐き気がきます。

 

対策は?

一般的に言われている対策は以下です。

・エアコンの風に直接当たらないようにする
・冷たい物は控える
・軽い運動を行う
・お風呂に入る
・ブランケットやひざ掛けで体を温める
・マスクをする
・首・足を温める
・ツボを押す
・温かい物を飲む

などですが、やはりこれらは本人の症状の出方によって変えていくべきでしょう。

マスクというのも、クーラーで寝るとのどをやられやすい方など、やはりその人の弱い部分に来ますので

これら全てをやるというわけではなく、ご自身にあったものをやりましょう。

筆者の場合は以下の対策をしています。

・クーラーの温度を下げすぎず「ちょっと暑いかどうか」の絶妙な温度に調整
・そこまで温度が高くないなら除湿で済ます
・風に直で当たらない
・耐えられる時は扇風機で済ます(意外と慣れてくるものです…)

自律神経が原因ならば、恐らく万人共通の対策というのはないと思いますので、

上記の中からご自身にあったものを試していくべきでしょう。

スポンサードリンク

おすすめの避暑地の紹介

クーラーの人工的な寒さよりも、やはり自然の涼しさに頼った方が体に良いのは間違いないですね。

クーラーもやだ、暑いのもやだ、という筆者のような人は避暑地にGO!です笑

そこでおすすめの避暑地について軽く紹介致します。

軽井沢

言わずと知れた避暑地ですよね。自然を楽しめるだけでなく

レストラン、カフェ、雑貨屋さんなど様々なお店がありオススメです。

富良野

ラベンダー畑で有名な北海道の富良野です。

美瑛

北海道の美瑛の青い池は涼しいだけでなく綺麗な場所です。

箱根

神奈川県の箱根の芦ノ湖でも涼しい空気を味わう事が出来ます。

富士山も見ることができ一石二鳥です。

日光

日光は自然に溢れており華厳の滝で涼しい気分を味わえます。

阿蘇

阿蘇は火山のイメージがあり暑いと思われがちですが意外と涼しいところです。

洞爺湖

温泉に浸かる事も自律神経を治す事につながります。

奥多摩

奥多摩にある日原鍾乳洞では年間を通じて気温が11℃という

かなり涼しい場所です。

 

いかがでしょうか。

夏休みはお出かけも兼ねて避暑地で涼しさを感じるのがベストですね…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA