主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ためしてガッテンでカビ退治は50度のお湯で一撃OK!?そのやり方と理由!

ガッテン(ためしてガッテン)にてカビ退治には

50度のお湯を90秒かけると効果的で、それだけでも十分とありました。

ためしてガッテンのカビ退治はどうして50度のお湯なのかまとめてみました。

スポンサードリンク

ためしてガッテンで放送されていたカビ退治はどうして45度なのか

まずカビがどうして発生するのかをまとめます。

カビの胞子は空気中に含まれており

風にたどりついた場所で水分や栄養分をとりこみ

植物のように発芽します。

 

そして成長したカビが新しい胞子をどんどん飛ばします。

特にお風呂にカビが生えるのはゴムパッキンが度重なる掃除などで

表面が凸凹してしまうと、そこにカビ胞子が入ってしまい

カビが生え続ける状態になってしまいます。

 

カビが発生するには「湿度」「温度」「栄養」といった条件があります。

その中でも特に重要なのが栄養でもある

ホコリや汚れの中にあるタンパク質になります。

特に石鹸カスや垢から栄養補給する事が出来ます。

これをきれいに洗い流す際に50度以上のお湯を使うと

石鹸カスや垢が無くなるだけでなくカビも死滅させる事が出来るのです。

 

特にゴムパッキンの中に入ったカビを落とすには90秒程当てる必要があり

こすると逆効果になります。

黒いところは塩素系カビ取り剤で対策するといいようです。

 

その後は1週間ごとに50℃5秒で良いと言うのです。

風呂場の天井などシャワーが無理なら消毒用エタノールで拭くことで

カビの発生を抑えられます。

 

カビが発生する理由はこういう事だったのですね。

他にも浴室を洗った後に壁や床を冷水で洗い流したり

換気扇を一晩中回し、湿度を下げる事でカビ予防が出来ます。

スポンサードリンク

重曹やお酢でのカビの取り方

先ほどの見出しで行った方法とは別に重曹やお酢を使った

カビの取り方がありますので紹介致します。

 

まず酢1:水2を混ぜて酢スプレーをつくります。

そのスプレーをカビにかけて、その上から重曹をかけ1時間待ちます。

1時間後スポンジでやさしくこすり、酢スプレーを吹き付けると完了です。

酢の抗菌作用と重曹のクレンジング力で落とすカビ取り方法でした。

 

 

 

いかがでしょうか。

この梅雨の時期にカビが生えやすい条件が揃い

下手をするとお風呂場はいっきにカビが増えるものです。

お風呂場のカビは厄介ですがめげずに今回紹介したやり方で

清潔なお風呂場を保っていきたいものですね。

■関連記事

ためしてガッテン究極の卵かけご飯の作り方とたまごの新常識に世界観変わる!

ためしてガッテンでも紹介の鼻うがいは容器と塩があれば花粉症にも有効!ポイントはひとつ!

ためしてガッテンの肩こり特集9月9日放送の筋膜リリースが今までと違う!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA