主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

しつけの意味に迷った時に読みたい10の名言

しつけと虐待の違いについて度々議論されます。

しつけの意味に迷った時、是非、先人たちの言葉を参考にしてください。

今回はしつけに悩んだ時の筆者が心救われた素晴らしい名言を10コ厳選してお届けいたします。

スポンサードリンク

しつけの意味に迷った時に読みたい10の名言

1,教育とは

教育とは、人々が知らないことを教えるのではなく、
実例によって道を拓いてやる不断の困難な仕事である。

by ジョン・ラスキン

ジョン・ラスキンは、19世紀を生きた
イギリス・ヴィクトリア時代を代表するの評論家・美術評論家です。
葡萄酒を売る裕福な家に生まれた一人っ子ですが、母親が非常に宗教に熱心な福音派で
小さい頃から聖書を暗記させられ、学校には行かされず家で教育を受けた人です。
水彩を愛し、水彩が最も美しい芸術だと発言しています。

2,しつけの目的

しつけの目的は、自分で自分を支配する人間をつくることであって、人に支配される人間をつくることではない

by ハーバート・スペンサー

スペンサーはイギリスの哲学者、社会学者、倫理学者です。
筆者も社会学者として学校で習った記憶があります。
親は教師だったのですが、その方針で学校教育を受けず
家庭で教育を受け育ちました。

社会進化論の提唱者として、日本の自由民権運動に受け入れられた思想です。

3,欠点とは

・期待はあらゆる苦悩のもと
・神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える

by シェークスピア

誰もが知り、今でも語り継がれ、最近では上記のように
漫画の電子書籍版にまでされているシェイクスピア。
彼の作品のセリフは非常に奥が深く、人間の普遍性に訴求するものなので
だからこそ時代が変わった今でも愛されている作品なのでしょう。

上記は2つ別のセリフを掲載しました。

4,理性と感情

人を作るのが理性であるなら、人を導くのは感情である

by ジャン=ジャック・ルソー

「自然へ帰れ」で教育論として有名なルソーです。
極端な自然主義という批判もありますが、
既存の教育が国家・社会に都合のいい公民をつくるものであるという批判は
今でも通じるものがあります。

5,嫌われて当たり前

叱って子どもを自立させるのが親の役目ですから、嫌われて当たり前。
その覚悟がない親が増えているのが問題なのです。

by 阿川佐和子

今でもテレビで活躍されている阿川さん。
一見気難しいことを行っているようにも聞こえますが端的にしつけについて表現しているように思います。
しつけを邪魔するものとして、「嫌われる恐れ」と「覚悟のなさ」を
シンプルに指摘しています。

6,苦しいことをどうやったらする?

子供にはあまり「勉強しろ」とは言いませんでした。
小学校の頃から「冒険しろ」「一緒にキリマンジャロに登ろう」と。
要するに面白いけど、苦しいことをやらせるわけです。これを何回も経験させるんですよ。
勉強だって苦しくなってくる。それを「面白くなるように工夫してみろ」と言っていたら、
いつのまにか医学博士を取っていて。

by 三浦雄一郎(登山家)

ご存知80歳でエレベスト登頂に成功した三浦雄一郎さんです。
お子さんが立派な学歴をお持ちなのですが、
勉強しろと言ったことはほとんどないそうです。

ご自身があのように好奇心旺盛でいきいき
しているからこそ
お子さんもその背中を見て、自分の好奇心に真っ直ぐに伸びたようにも思えます。

7、心の感染

幼児はハシカよりもっと恐れや怒り、憎しみや冷淡に感染しやすい。
自分が好かれているか、嫌われているかということに、子供は食物と同様に反応する。
一家の感情の中で自分の締めている立場をよく覚(さと)る。
親の精神状態は直に子供に反応する。とくに親の怒りは子供に大きな衝撃を与えます。

by 安岡正篤

思想家とされますが政治にも参加した
昭和最大の黒幕とも言われる方です。
なんとあの終戦の詔書(玉音放送)の草案に対して、加筆し原稿を完成させた人物です。
「耐え難きを耐え…」のあの放送です。

この名言は決して怒るなということではありません。
怒りの対象をきちんと選別しようということです。
命に関わること、社会的道義に反することに対して親が怒らなかったら
良心も育ちません。
逆に、子供の好奇心に対して親が怒るならば、その子は自分の好奇心を追求することに
恐れを抱き生きることになります。

8,遺伝とは

「DNAは、肉体や免疫系の遺伝だけではなく、わたしは心のスピリットもバトンしていくと信じています。

つまり、あなたがあきらめれば、あなたの子供もあきらめるでしょう。
あなたが逃げ出せば、あなたの子供も逃げ出すでしょう。

だけど、投げ出さず、折れなかった気持ちは、必ずあなたの子供に受け継がれるでしょう。
そうやって、人の思いはバトンしていくんです」

by ドラマ『ゴールド』 脚本 野島伸司

このドラマは非常に教育に関して考えさせられるシーンが多かったです。
目には見えない、自分自身のスピリットも子供に遺伝し伝わっていく。
言葉で伝えたことよりも、そちらのほうが大きいのでしょう。

9,感情コントロール

すべての感情は、姿勢、呼吸法、身体の動かし方、顔の表情
といった特定の生理と結びついている
どういう気持ちの時に、身体がどういう状態になるかわかれば、
身体の状態を変えることで、感情をコントロールできる。

by アンソニー・ロビンス

自己啓発の分野で有名なアンソニー・ロビンズは数々の名言を残していますが
なかでもこの名言は非常にテクニック的なものも含んだためになるものです。
自分の感情が乱れそうな時、姿勢を整えてみる。
弱気になりそうな時、自分の声の大きさに気をつけてみる。
体と心は繋がっていて、スポーツ選手などは無意識にそういうことをやっていると言われます。
是非試してみてはいかがでしょうか。

10、ブレないために

自分自身の本当の姿を知るものは
自分以外のどんな力にも
利用されたり 支配されたりすることはない

by ゲド戦記 ル・グウィン

ジブリで映画化されたゲド戦記ですが
原作も非常に面白いです。

この名言は響きますね。子供にいうことではなく
自分自身に言う言葉です。
しつけをするには、親としてブレない自分がいることが前提となります。
ブレないための最大の答えは、自分の本当の姿を知っていることと
教えてくれます。

 

いかがでしょうか?

しつけ、教育は正しいことだけをすることは出来ません。

世の中は黒か白で裁こうとしますが、

現場では黒か白では言い切れないことがたくさん発生する非常に難しいものです。

先人たちの言葉は、しつけをどうするか、ではなく

しつけをする自分がどうあるべきか、を教えてくれています。

■関連記事

教育とは何か?を親として考えさせられる10の名言

学級崩壊立て直し人・菊池省三先生が提案する教育法のポイントは?家庭への応用を考えてみた

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA