主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

赤ちゃんのごっつん防止やわらかリュックのご紹介とクチコミピックアップ

ごっつん防止やわらかリュック

ごっつん防止やわらかリュックの説明

つかまり立ちやたっちを始めた赤ちゃんのためのミツバチ型の転倒防止クッションです。赤ちゃんは、頭が重かったり、バランス感覚がまだついていないので、立つときによく後ろにこけてしまいますが、このクッションは転倒したときに頭の後頭部を守ってくれます。(後頭部を守るクッションなので、横にこけた際、側面はカバー出来ません。)

柔らかいクッション素材で出来ているので、転倒したときの衝撃を和らげ、しっかり後頭部を守ってくれます。使用方法は、赤ちゃんの肩に紐をかけるだけで、簡単に装着出来ます。また、重さもとても軽量なので、持ち運びに便利で赤ちゃんも嫌がることなく、つけて遊んでくれます。ミツバチのデザインなので、可愛い写真もバッチリ撮れます。

出典:ladycate.com

ごっつん防止やわらかリュックのメリット

赤ちゃんの肩に紐をかけるだけなので、取り付け、取り外しが、とても簡単なところが、便利です。うちの息子は、つかまり立ちを始めるようになって、どこでも立とうとして、よく床に頭をぶつけて泣いていました。この転倒防止クッションを使うようになってからは、後ろにこけてもクッションが衝撃を吸収してくれるので、泣くこともなく、安心してどこでも遊ばせる事が出来るようになりました。

クッションマットを敷いていない箇所は、転倒するのが怖くて遊ばす事が出来なかったのですが、このクッションのおかげで、遊ばせる範囲が広くなりました。購入する前は、後ろにクッションをつけるのは、嫌がりそうだなと思っていたのですが、とても軽量で赤ちゃんに装着しても嫌がる事なく、楽しそうに遊んでいます。また、ミツバチのデザインがとても可愛いので、インスタ映えもします。

スポンサーリンク.

ごっつん防止やわらかリュックの効果

つかまり立ちを始めた赤ちゃんは、足腰の筋肉が未発達で、よく転倒してしまう事が多いです。このクッションは、後ろに転倒した際の衝撃を吸収してくれるので、歩く練習をしている赤ちゃんには必要な商品だと思います。クッションは、肩に紐をかけ、後ろに背負うリュックタイプなので、横に倒れた際の側面や前に倒れた際の前面はカバー出来ませんが、後ろにこけた際の後頭部は、しっかり守ってくれます。

クッションの中の中綿もしっかり入っているので、思いっきり転倒した際も後頭部を守ってくれます。また、赤ちゃんが歩く練習をする際に転倒する事は、仕方ない事なので、万が一の事故を防止するためにも、このクッションをつけておいた方が、安心して遊ばせられると思います。

出典:ladycate.com

ごっつん防止やわらかリュックの使い方

ヘッドガードクッションの両端に紐がついてあります。その両端の紐を赤ちゃんの肩にかけるだけで、装着完了です。紐の長さは、引っ張るだけで、簡単に調整出来るので、赤ちゃんの体系に合わせて、調整する事ができます。頭の部分のクッションは、小さすぎず、大きすぎず、丁度いいサイズです。

赤ちゃん用のグッズは、取り付けが面倒で、取り付けている際に赤ちゃんが嫌がって泣いてしまう事もありますが、このクッションはすぐに取り付ける事が出来るので、赤ちゃんも嫌がらずに違和感なくつけてくれます。また、とても軽量なので、旅行先やお出かけの際もバックの中に入れて持ち運ぶ事が出来ます。商品に1年保証もついているので、万が一不良品が際も交換可能なので、安心です。

スポンサーリンク.

ごっつん防止やわらかリュックの値段

赤ちゃんのつかまり立ちや歩く練習をする期間はとても短いのですが、1000円以内で購入する事が出来て、コスパも良く、お買い得です。また、赤ちゃんの事故でよく起こりがちな転倒事故ですが、このクッションをつけるだけで、転倒した際の衝撃を吸収してくれるので、安心して使えます。

転倒防止の商品は、あまりデザインが可愛くないものも多いですが、このクッションはミツバチのデザインで、とても可愛く寝相アートなどにも使えます。また赤ちゃんに背負わせて前から見るとミツバチの触角の部分が見えて、赤ちゃんの頭から触覚が出ているようにも見えるので、とても可愛いです。家に遊びに来たお友達にもどこで買ったのか聞かれ、好評でした。

ごっつん防止やわらかリュックの良いクチコミピックアップ

ごっつん防止やわらかリュックの悪いクチコミピックアップ



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new