主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

お風呂掃除で床の水垢は洗剤やカビキラーじゃとれない!?ただあれを使えばいいだけだった!

お風呂掃除をしても、どうもすっきりきれいになった感じがしないということありませんか?

濃い色の浴槽やお風呂の床だと、白っぽくなっているかもしれません。

それは、水垢が原因です。

水垢の掃除で落とし方と予防法をまとめました。

スポンサードリンク

お風呂の床が白っぽいのは水垢のせい?お風呂掃除の極意とは?

浴槽やお風呂の床がうっすらと白くなってきているのは、水垢が原因のことが多いのです。

これですね。実家の古いタイプのお風呂だとわかりやすいので写真で撮りました。

普通のお風呂用洗剤でもきれいにならず、カビキラーなどを使っても効果はありません。

水垢はカルシウムが原因のアルカリ性の汚れなので、酸性の液体をかけて中和してやると、おとしやすくなります。

カビキラーは成分表を見ればわかりますが「アルカリ性」と書いてありますので効かないのです。

手軽なところでは、食酢やクエン酸です。

 

水垢の落とし方としては、濃度が濃いとタイルなどを痛めてしまうこともあるので、薄めたものをスプレー容器にいれ

浴槽、床、壁、洗面器などに、吹きかけておいて15~20分待ちます。(場合によるのですが私は1時間以上やったほうが効果がありました。)

そのあとで、水をかけて洗い流すと、水垢は落ちやすいです。頑固なものは洗い流して乾くとやっぱり残っている、ということになります。

どちらにせよ酸性のもので中和させて落とす、というのを繰り返すしかありません。

クエン酸スプレーをしたあとで、普通の洗剤で洗うと、水垢で隠れていた部分もきれいになりやすいです。

スポンサードリンク

水垢のつく原因は?予防方法は?

水垢は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが原因です。

お風呂の場合は、それにプラスして皮脂ののこりなども白い汚れの原因になります。

お風呂場に水垢をつけないようにするには、水が残らないようにするのが一番です。

 

浴室を使った後で、窓ふきワイパーや雑巾をつかって、床や壁、蛇口の水をすべてふき取ると、水垢はでにくくなります。

でも、そこまで毎回はできないというのなら、シャワーで冷たい水を浴室全体にかけるだけでも、違います。

また、使用後の浴室の換気をよくすることも大切です。

 

毎日の掃除は無理という場合は、市販のフッ素樹脂コート剤などを使うと、

汚れが付きにくく、ついたときにも落としやすくなります。

浴槽などは、最初からコーティングされているところもあるようです。

 

さらに頑固な汚れには?

クエン酸スプレーでも落ちないほどの水垢には、実はトイレクリーナーがよく効きます。

実は、水垢も尿石も同じカルシウム化合物なので、効果は抜群なのです。

車の水垢とりも、つかえますよ。

 

ただ、強力なものを使う時は、目立たない場所につけて、掃除する場所が変色、

変質しないか確かめたうえで、手袋をして、換気をよくしてから使ってくださいね。

■関連記事

家事えもんの掃除術で換気扇を完璧対策!セスキ含む4つの技を紹介

トイレ掃除の天敵、尿石は酢じゃないと落とせないって本当!?

浴槽の湯垢のザラザラの落とし方!予防を兼ねた究極の掃除法!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

    • nabysuka
    • 2017年 1月 14日

    鏡の汚れも同じと考えて良いでしょうか?また、床と同様に、酸性の洗剤で処理して問題ないでしょうか?
    鏡の汚れが一番目立ちます。

      • ladycate
      • 2017年 1月 14日

      コメントありがとうございます。

      鏡の汚れも原因は同じです。
      ただ、鏡は床よりは繊細ですので、強すぎるものを使いすぎない、目立たないところで試すなど
      慎重にやったほうが良いかと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA