主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

お腹が鳴る音を防ぐために、覚えておいて損のないわざはコレ!

大事な会議や、大好きな人とのデート中、急になりだす、「ぐ~」というお腹。

こんなお腹が鳴る音はどうやったら、止められるのか、

そもそも、なぜ、鳴るのかお伝えしましょう。

スポンサードリンク

お腹の鳴る音はなぜ鳴るの?

漫画なんかでよくあるのは、好きな男の子の前で、

「お腹空いてなんかないです!」と言ったとたんに、

主人公の女の子のお腹が「ぐ~」となって、主人公赤面、男の子大爆笑、なんてシーン。

 

こんな風にお腹が鳴る→お腹が空いている→食いしん坊、というイメージなりますが、

本当にお腹が空いているから、お腹がなるのでしょうか?

 

結論から言いますと、お腹がなるのは、胃腸の収縮によって胃腸の中の空気が圧縮されるためです。

なので、お腹が鳴る→空腹、というわけではありません。

 

ただ、血糖値が下がってきて、食べ物を取った方がいいぞ、と脳が判断すると、

その指示を受け取った胃は食べ物のスペースを開けようと残った食べ物を腸に動く働きをします。

この時に胃袋が収縮して、音が鳴ります。

空腹のときには、お腹がなりやすいのです。

スポンサードリンク

お腹が鳴らなくするためには

では、空腹時にお腹が鳴るのをとめるためには、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、お腹が空かないようにする、という手があります。

 

午前中、お腹が鳴らないように、朝食をしっかり食べることです。

お腹が鳴るのを防ぐためだけでなく、健康のためにも朝食をとることをおすすめします。

 

それから、いざ、お腹がなるかもしれない!というときには、背筋を伸ばしましょう。

猫背でいると、胃袋が収縮しやすくなるので、背筋をピンとのばしましょう。

 

間食をして、血糖値を上げるという方法もありますが、学校や会議の最中では、しにくいですよね。

そこで、目立たずにお腹が鳴るのを防止するためには、呼吸に気を付けることです。

大きく息を吸って、息を止めます。

その後ゆっくり吐きます。

この運動で、胃腸の運動を抑えることが出来ます。

お腹が鳴ってほしくないときにしてはいけないこと

お腹が鳴らないように、と思ってしていることでも、実は逆効果であることがあります。

・空腹を紛らわせるために水を飲む

何かお腹に入れた方がいいのはわかるけど、何もないから水やお茶を飲む、なんてやってしまいがちですが、これは、逆効果になります。

水分はすばやく胃から腸に移動するので、満腹感も15分程度でなくなりますし、空気を胃袋に送ることにもなります。

・猫背になる

胃を小さくしたら、音もならないか、というと、そんなこともありません。

胃の中の空気がたまったままになります。

・早食いをする

消化が悪くなるこ都に加えて、胃袋にたくさん空気をため込むことになります。

 

お腹が鳴っても気にしない

お腹が鳴るのは、胃袋が元気な証拠です。

意外と他の人には聞こえてないこともあります。

お腹が鳴ることを必要以上に気にしすぎないことも大切ですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA