主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

お年玉の相場金額とマナーに神経質になる!そんな時覚えておきたいちょっとしたこと

もうお正月なんですね。1年が経つのは早いものです。

さて、正月といえば「お年玉」ですよね。

毎回、金額で悩みますがいくらあげるのがいいのでしょうか?

またどのように渡したらいいのか、マナーも気になります。

ちょっと考えてみましょう。

スポンサーリンク.

お年玉の金額とマナー

自分の子供なら、適当な金額をポチ袋に入れて渡せば、とりあえずは

大丈夫ですよね。ところが、そうも簡単じゃないのが親族・親戚への

お年玉ですよね。

 

基本は、相手がもらう額と、こちらが払う額を同じにするということです。

筆者は毎年いくら貰ったのか、後で子供のお年玉を確認しています。

それを見て、お年玉が吊り合うようにしています。

 

ただし、親戚同士が集まり合う場でお年玉を渡す場合、これは良く

ありません。子供は渡されたポチ袋を、親戚の前ですぐに開いて

金額を言っちゃうことがあるのです。その時、渡した金額が家によって

違うと、付き合いで差別をしていると思われかねません。そのような

場では、相場の金額で出します。

 

あと、お年玉ではないのですが、新しく学校に入った子供がいれば、

入学祝いもこの機会に渡しましょう。もちろん、別の袋に入れて

渡しましょうね。

 

ちなみにお年玉の金額ですが、小学校低学年で2000円~3000円、

高学年で3000円~5000円が相場だと言われています。

入学祝いは1万円のことが多いようです。

 

中高生には、渡す人もいれば渡さない人もいるようです。

この場合も5000円くらいが相場のようです。

スポンサーリンク.

覚えておきたい、上司の子供にお年玉を渡すのはマナー違反!

お年玉というのは、本来は目上の人が目下の人に渡すもので、

渡すものも餅でした。ところが、高度経済成長期になると、都市部を

中心に現金を渡すようになり、対象も子供に限定するようになりました。

お年玉は、もともと目上の人が目下の人に渡すものなので、上司の子供には

お年玉を渡さないのがマナーです。

 

ところが、自分の子供が多くいる場合、上司のお年玉の額が結構な

額になってしまうことがあります。上司にもプライドがあるので、

無理をさせているのではないかという気もします。そんなときに、

便利なのが図書券です。図書券を文具代などと称し、ポチ袋なしに

渡すのです。これはお年玉には当たりませんね。

 

ただし、相手を見ましょう。どこまでが許容範囲なのか人によって

かなり違いますので。

このように非常にお年玉に関しては神経質になるところですが

こういった知識を元に、その時その時柔軟に判断していきましょう。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA