主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

【4月4日】木村屋のあんぱんの歴史から制定された「あんぱんの日」って知ってますか?

4月4日はあんぱんの日、あんぱんにまつわる歴史をご存知ですか?

あんぱんの日の制定は比較的新しいもので平成13年4月4日に制定されました。パン自体は安土桃山時代にポルトガルから伝播しましたが、当時のパンは硬くてパサパサしたものが多く、まるで非常食の乾パンのようなものでとても美味しく食べられたものではなかったようです。

洋風文化が広まりはじめた明治時代に入ってからもなかなか庶民にパン食文化は広まりませんでした。そんな中で、あんぱんの代名詞ともいえる木村屋の初代、木村安兵衛が何とか世の中にパン食文化を広めたいと思い、息子と共に試行錯誤を重ねた結果酒饅頭を元にして考案したパンがあんぱんの始まりだと言われています。

それまでの酵母ではなく、酒種という天然酵母を使って柔らかく焼き上げたパンに日本人にはなじみ深いあんこを包んた酒種あんぱんという日本人向けに和風の商品を考えたのでした。その後、おやつ感覚で食べられるあんぱんはどんどん広まっていき、日本各地で食べられるようになったそうです。

スポンサーリンク.

山岡鉄舟が明治天皇にあんぱんを献上したことが由来で制定された?

「あんぱん」といえば、木村屋ですが、明治8年4月4日に天皇の侍従であった山岡鉄舟によって明治天皇に献上されたことを由来にあんぱんの日というのが制定されました。東京向島にある水戸藩の屋敷で開催されるお花見用にお茶菓子として天皇陛下に献上したいという事でした。

そこで木村屋の親子は日本の国花であり、季節感を表現できる「桜」に目を付け奈良の吉野山の八重桜を塩漬けにしたものを酒種あんぱんのへその部分に埋め込んだのです。桜の塩漬けはパンの生地やあんこに絶妙だったようで、天皇、皇后両陛下のお口にとてもあったようです。

引き続き納めるようにとのお言葉を頂いた木村屋親子は店頭のあんぱんにも桜の塩漬けを埋め込んで桜あんぱんを売り出したのでした。宮内庁御用達になったことによって木村屋の名前は全国に広まり、一日10万個以上売れたそうです。今でもこの桜酒種あんぱんは木村屋の人気商品としての地位を確立しています。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA