主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

あさイチの切り干し大根をヨーグルトで戻す、乾物戻しが健康効果バツグン!!

あさイチで切り干し大根を水で戻さずそのまま使った調理

ヨーグルトで切り干し大根を戻して調理するという、

筆者としては衝撃だったのですが(笑

気になっていろいろと調べてみたので、主にその健康効果についてお伝えします。

スポンサーリンク.

あさイチのレシピ、切り干し大根をヨーグルトで戻したり、水で戻さず作ったり

筆者の中には、切り干し大根を見たら、無意識に水で戻してしまうほど

「水で戻さない」という選択肢は皆無でしたが

11日のあさイチでは、水で戻さない切り干し大根の料理を紹介していました。

 

筆者も家族の健康のための副菜として

切り干し大根と、ひじきの煮物については

毎週1回は大量に作っておりますが、

毎回同じでマンネリ化を感じているところでしたので

今朝の朝イチは非常に良い刺激でした。

 

というのも、切り干し大根は水で戻すと

カリウムをはじめ、アミノ酸のうまみ成分や、甘みが水に流れでて

栄養価が減るそうです!筆者は見事に毎週捨てていましたね!

 

朝イチでは、ヨーグルトで切り干し大根を戻すだけでなく

水で戻さずそのまんま切り干し大根を使う料理も紹介していました。

詳細レシピは番組HPにあるのですが→http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/11/11/01.html

・切り干し大根の素揚げ

・切り干し大根とキムチの炒めもの

・切り干し大根のお好み焼き

などは名前から想像できる作り方です(笑

今回は、ヨーグルトの戻し方と、その栄養についてお伝えしましょう。

スポンサーリンク.

乾物ヨーグルト戻しの栄養価

乾物ヨーグルト戻しは、簡単に説明すると

乾物の汚れを落とし(軽く水でサっと洗って、ペーパーで拭き取る)

ヨーグルトがヒタヒタになるまで漬けて、7,8時間漬ければOKです。

(提唱する人によっては、乾物:ヨーグルト=1:4と決めている人もいます)

 

漬ける時間が水より長いのですね。

しかし、前の晩に準備して冷蔵庫にいれておけばいいだけで

たいした手間ではありません。

注目の栄養価についてまとめてみました。

■乾物ヨーグルト戻し■

・栄養が逃げないでヨーグルトと相乗効果となる

>>カリウム・ビタミンB群・アミノ酸がヨーグルトに取り込まれる。ヨーグルトのカリウムやビタミンB2、カルシウムと相乗効果になる

・完全栄養食品に近いものとなる

>>完全栄養食品と言えば卵や牛乳ですが、牛乳に近いヨーグルトが、
植物性の栄養価を持つ、乾物で食物繊維なども補うことで栄養価がより高くなります。

・ミネラル・ビタミン類が吸収されやすくなる

>>ヨーグルトのペプチドによってミネラル分が取り入れやすくなる

・シンバイオティクスと呼ばれる食品となりうる

>>腸内の善玉菌がヨーグルトによって増え、さらにそれらを整える食物繊維や糖によって腸に非常に良い食品となります。

 

非常に魅力的ですね。

どこかで、老化と腸の健康は密接だ、という話を聞いたことがありますので

これだけ腸に良いと聞けば、すぐにでも食べてみたくなりました。

 

早速今日漬け込みますので、明日完成したら味などをアップしたいと思います。

レシピは以下にありました「干しわかめと寒天のヨーグルトマリネ」を参考に作っていきたいと思います。

出典:http://column.kirei.woman.excite.co.jp/article/rid_E1430480933117/p_2

 

ちなみに以下の「煮干しのハーブフリッター」もすごく気になりましたね!次の機会に作ってみます。

煮干しのハーブフリッターのレシピ

■材料
煮干し 40g
プレーンヨーグルト 200g
ミックスハーブ 適量
小麦粉 適量

■作り方

煮干しが割れないよう注意しながらプレーンヨーグルトを煮干しに和える。
密閉容器に入れ冷蔵庫で8時間置く。
ミックスハーブ・小麦粉を入れて良く混ぜ、180℃の油でキツネ色になるまで揚げれば完成!

引用:http://medianow.jp/recipe/otherrecipe/dry-matter-yogurt/

■関連記事

テレビで連日取り上げられる腸内フローラ特集のポイントをまとめてみた

L8020菌ヨーグルトの虫歯菌への効果!ホンマでっかTVで紹介

ナイナイアンサーの梅干しダイエットのやり方と効果!バニリンって添加物じゃなかったの?

腸内フローラはヨーグルトと味噌汁がポイントは嘘?セロトニン効果を狙え!

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new