主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

あさりの砂抜きに50度時短の裏ワザ!なぜこれだけで?デメリットもある!

50度くらいのぬるま湯であさりの砂抜きをする技が流行っています。

そうすることで時間にしてわずか5分程度で砂が抜けるのです。

なぜこの方法で砂が早く抜けるのか調べてみました。

スポンサードリンク



アなぜあさりを50度のお湯にいれると最短で砂抜きできるのか

赤だしに入れる具は何が好きですか? 筆者はあさりが好きです。

ところで、あさりの砂抜きって大変じゃありませんか。しっかり抜いたつもりでも

残っていることが結構ありますよね。

 

食べた時、ジャリっとする感じ、私がお客さんなら文句を言ってしまいそう..。

そこで、それを防ぐために長い時間砂抜きをしていたわけですが、最近流行っている方法があります。

あさりを50度のお湯にいれると最短で砂抜きができるという必殺技を

使います。この方法は、テレビで紹介されトレンドになっています。早速、

ためしてみましょう。方法は次の通りです。

1.50度のお湯に浸ける

あさりを50度のお湯につけて貝殻をこすりつけるように洗います。

2.5分待つ

その状態のまま5分待つと、お湯が白く濁り砂も同時に排出されています。

3.15分待つ

さらに15分ほど待つと貝の殻が開きます。貝は鮮度が命なのでこの辺りで

調理しましょう。

 

たった、これだけのことです。あさりを50度のお湯に入れると、海水温よりも

圧倒的に高い水温に驚き、あさりは身を守ろうとします。あさりは水を精一杯吸い、

身を殻付近にもってきます。その状態でこすり洗いをされると、砂を一気に吐き出すと

いう仕組みです。

 

実際にやったかたの主観になりますが、50度のお湯を使うと、通常の砂抜きを

されたあさりよりもふっくらと仕上がるということです。ところが料理屋の

厨房を任されるプロの方の意見を聞くと、これには欠点があるようです。

次の項目でお伝えします。

スポンサードリンク



50度のお湯で砂抜きをしたあさりは味が落ちる?

簡単で味も落ちないということなら、この50度のぬるま湯作戦は最高なのですが、

食材のプロからすると邪道のようです。あさりはもともと海水中の砂場に生息して

います。暗い場所で水温と塩の濃度を調整すれば、あさりはストレスなく自然と

砂を吐きます。

 

ところが、この50度のぬるま湯ではあさりはパニック状態で砂を

吐き出すわけです。あさりにストレスを与えてしまっては、砂と一緒に旨味までも

放出して、あさりの味が落ちてしまうということです。砂を早く抜きたいのなら50度の

お湯ですが、おいしく作りたいなら旧人の考えた方法で調理するのがいいようです。

 

筆者も試してみましたが、50度のお湯で簡単に砂抜きができました。

あさりはボンゴレスパゲッティにしましたが、身がふっくらしていました。

プロの人が言うと違う見解なのかもしれませんが、

50度砂抜きでも十分美味しいと思いました。

あなたはどのように感じるでしょうか?

■関連記事

ピカ子鍋の作り方!しじみの砂抜き忘れさえしなければ簡単絶品!

レタスのヒートショック現象で食卓のサラダが見違える!主婦必見!

ざわちんのえごま油効果は国産の良質油をどう選ぶ?ドレッシングに応用すればグッド

サイゲン大介レシピの棒餃子の備忘録!紅虎餃子房が家で300円!?

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA