主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

あがり症で声が震える人が知っておきたい物語

あがり症で声が震える。この経験は分かる人には分かり

わからない人にとってはなぜ?というものでしょう。

大勢の前で声が震える、というのはほとんどの人が経験することで自然なことですが

何らかのきっかけで、それを超えられなかったトラウマによりずっと抱えてしまうことがあるものです。

そんな時に、知っておきたい物語・動画がありますので紹介します。

スポンサードリンク

あがり症で声が震える歌手

今回はアンビリバボーで紹介されていたある極度の緊張症の男性が

歌手として大勢の前で、その緊張を打ち破る瞬間の映像です。

2012年のことですが、その年、彼はイギリスで超有名となり

華々しくデビューすることになります。

 

以下が有名な彼が緊張を打ち破り、歌手として開花する瞬間をとらえた

あがり症で声が震えるような人に是非見ていただきたい公式動画です。

クリストファー・マロニーさんはこの時34歳(2012年)

実はこのオーディション番組Xファクターに出るのを祖母に勧められたのが2004年。

実に8年も抵抗していたのです。

 

彼は大卒後、電話相談の役所に就職し平凡な日々を過ごしていました。

素晴らしい歌声を持っているのに、緊張症で引っ込み思案な彼を見かねて

祖母が2004年にXファクターのオーディション番組の応募票を渡して

出るようにすすめるのでした。

スポンサードリンク

映像が全てを物語る

しかし、極度の緊張症であったクリストファー・マロニーさんは

諦め、拒否し続け気づけば8年。

なんとか祖母が説得し「傷つくことを恐れないで」の言葉で出場したのです。

 

実はこの時歌った、有名な曲『ローズ』は

祖父が亡くなった時に流れていた曲で

祖母に捧ぐ曲でもあったのです。

 

このような経緯での上記の動画。

あがり症で悩んでいる人には、

クリストファー・マロニーさんが、そのメンタルブロックを打ち破る瞬間の映像を

残していますので、背中を押すものとなると思い紹介しました。

彼のツイッターもフォローしておくといいでしょう。

彼を知った後に彼のツイートを読むと勇気をもらえます。
https://twitter.com/ChrisMaloney77

彼は、背中を押してくれるものがあったから、ということを言っていますが

まさにマロニーさん自身が今、背中を押す人となっていますね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA